Skip to content

プログラマに必要なプランニング

映画やテレビなどのフィクション作品で人気があるのは、主人公が努力して成功を収めるという話です。
多くの人は、努力の先に必ず成功が待っていると信じています。しかし一方で、努力にも良し悪しがある点について、見逃しがちなのです。目標を達成するためには、いかに効率的に必要な条件を満たしていくかが重要な鍵となるでしょう。

プログラマになるという目標を掲げたならば、日々プログラミングの勉強を行う事は必要不可欠です。
しかしながら、どのような事柄を優先的に学習するかについては、確かな学習プランを立てることが必要になりそうです。プログラマになるために覚えることができる知識の量は膨大な量にのぼり、それらを全て修得することは不可能に近いのです。コンピューター技術の発展と共に、開発に必要な知識やノウハウは非常に多様化してきた。

その中から、進むべき開発分野の目標に応じて、修得すべきプログラミング技術のジャンルを絞り込む必要があります。はっきりとした目的意識と学習プランの下に、無駄のない効率的なプログラミングの勉強を行う事により、短時間でも確かな実力を身に付けることができます。

映画やテレビのドラマは、プログラマの活躍の姿を見せてくれるけれども、どのようにすればそうした活躍できるプログラミング技術者になれるかについては、教えてくれません。自ら目標にたどり着くための道筋を考えて、いかに最短距離で実現できるかについて計画を立てることが重要になるのです。

将来成功を収めるためにも、日々向上心を持って勉強し、スキルアップする必要があります。<頑張れプログラマ!スキル&キャリアアップ指南>では、これからスキルアップを目指すプログラマへの学習方法やエールが書かれていますので参考にしてみてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です