Skip to content

海外でスマホを使おう

海外にもスマホを持っていくことはもはや当たり前の時代です。旅行先や出張先で連絡にも使えるし、情報収集にネットだって使いたいですよね。
しかし、飛行機で着いたとたんに高額なパケット代がかかってしまというトラブルが急増しています。海外でも日本と同じように使いたいという方が多いでしょう。通信手段確保の方法としては、海外ローミングやプリペイドSIMという方法があります。短期で自分のスマホでなくても良いという場合はデバイスをレンタルする方法もあります。

一番簡単で自分のスマホでちょっと海外という場合は、「海外ローミング」という方法をとる人が多いです。海外ローミングというのは、日本の通信事業と海外通信事業が連携して、日本のユーザーがその国に行ったときに通信できるようにする仕組みです。簡単な設定のみで海外のネットワークに接続することができます。例えばauのスマホの場合は「auWi-Fi接続ツール」というアプリをダウンロードします。その中の海外ローミングの設定をするだけです。

接続できるといっても、海外ローミングのパケット通信は昔は非常に高かったのですが、今では日本のキャリア各社定額制、もしくはW定額制が使われていて上限が決まっているので、ビックリするような料金はなくなってきました。しかしそれでも、国内の利用からするとかなり割高という印象です。W定額制などでも、写真などをUPしたりしていると、あっという間に最低のラインは超してしまいます。動画や音楽、通信をなるべく節約していけば良いのでしょうが、それではスマホ本来の楽しみも便利さも無くなってしまいますよね。

海外ローミングの他に「現地のプリペイドSIMカード」を使うという方法があります。海外滞在がちょっと長くなると通信費もバカになりません。そこで、スマホやPCに現地のプリペイドSIMカードを使って通信すると格安になるのです。どれくらい格安かというと、定額制が一日2000円~3000円に対し、現地SIMカードは数百円という感じです。これは大きな差ですよね。スマホは特に現地で乗り換え案内や店舗情報、翻訳アプリなどを活躍させたいところですから、スマホをただ持っていくだけではないのなら断然こちらでしょう。

しかしながら海外でもスマホを簡単に使用出来るようになったのも、IT業界で働くエンジニアのみなさんのおかげですよね。
エンジニアには多くの種類が存在しますが、メジャーな職種と言えば『システムエンジニア』『プログラマ』と言ったところでしょうか。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です